スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁後半

豊橋の助六と米原の2つの駅弁はうちに帰って晩御飯として食べた。んで、写真を撮っておこうとは思ってたんだけど、イオスの電池が切れてたので、まぁいっか!と携帯で簡単に撮影を済ませた(笑)。

20081230104905

↑米原で買った『近江の味(¥850)』 オーソドックスな幕の内風。でも、ピンクの桜漬っぽいのは赤カブ(あの辺りの名産らしい)だし、煮豆にある海老は琵琶湖で採れる川海老らしい。海老フライも、もっと細い海老かと思ったら意外と太かったし、行楽弁当ととしてなかなかいい感じでした。

20081230104903

↑同じく米原で買った『湖北のおはなし(¥1100)』 これはうーんと前からけっこう人気の商品(しかも数量限定なんだよね、確か…)で、前々から一度食べてみたいと思ってたやつなのだ。黒豆が入ったおこわはすんごいもちもちしてて、下に敷いた桜の葉っぱの塩漬けがほのかに香っていい感じ。鴨のローストが3枚も入ってたり、ぬた和えや玉こんにゃく等煮物中心のおかずもいちいちおいしい。

20081230104900

↑最後は豊橋の『助六弁当(¥450)』 稲荷はすし飯のみの関東タイプだったけど、アゲはしっかり甘辛く、これまたうまい。コンビニとかで売られてる稲荷寿司とはぜんぜん違うから、機会があれば一度食べることをおすすめする一品て感じ。うん、マジで…


さて、昨夜ネットでチェックして、三島・沼津のどこで駅弁が売られているのかがやっと判明。駅の外だった(涙)…ただ、最近は在来線では売ってるところは少なくて、たいていは新幹線のホームだったりするらしい。がーん!確かに、三島はほとんど新幹線にしか売り場がなかった(涙)…帰りは、静岡で茶飯弁当を…なんて思ってるのだけど、ちゃんと売り場チェックもしておかないと大変そうだなぁ…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。