スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院へ行ってきた

今朝もやっぱり腰痛は引いてなくて、しょうがないやっぱりちょっと心配になって病院へ行くことにした。

朝からネットで整形外科の検索。これがあるから嫌なんだよね…関東に来てから病院は避けてた(?)から主治医とかいないし。まぁ、そんなこと言っても始まらないのでせっせと調べた結果、久地と溝の口にそれぞれ評判のよさそうなところを発見。長引く場合を考えて溝の口の病院へ行くことにする。丸井の裏辺りにある安藤整形外科。聖マリアンナ系列らしい。

午前は8時半からとあったので、あわてて身支度して病院へ(そのとき既に8時半)。昨日よりは(腰痛も)マシみたいだったから、ちょっとだけうちで寝てたらいいかなーとか思ったのは秘密だ…場所はすぐわかって、さっさと受付を済ませたのだけど、案の定既に待合室はいっぱいだった。まっ、その辺は覚悟の上。待ってる途中、外はすんごいスコールが来たようで、窓の外は真っ暗だし、その頃やってきた患者さんはみんなびしょぬれだし…ニュースで話題になるくらいすごかった模様(汗)。まぁ、そんな天候は長続きしないのがお約束だから、どうせ診察が終わる頃には止んでるだろうなぁとあまり心配はしてなかったけどね。

1時間ちょい待ったところで診察室に呼ばれる。壮年くらいの男性医者。事前に提出した問診表も判断材料になってると思うけど、いくつかのやりとりと触診の後、念のためレントゲンとなった。レントゲン室に回され、さらに待つこと数十分。一応そのつもりで無地のTシャツで行ったんだけど、患部が腰だからズボンのチャックが引っかかること忘れてた…正面と側面、併せて4枚の写真を撮って、また待合室へ。整形外科というのは、はやり怪我をしたらとりあえず…というところらしく、老若男女問わずいろんな人がいた。グルグル包帯の足を上げてる人には、きっとひ骨骨折(しかも折ったばかり)なんだろうなーと、なんとなく親近感(笑)。

最後は20分くらいで診察室に呼ばれた。診察結果は、骨は異常ないから筋を痛めたんだろうとのこと。原因は人それぞれなんだけど、問診から判断するとコレという直接的原因(重いものを持ったとか、腰に無理をさせたとか)より、間接的原因(小さな無理の積み重ね)じゃないかと。思い当たる節があり過ぎてちょっぴり冷や汗…多分、原因は普段うちでPCに向かってるときの姿勢かと思われる。コタツは微妙な高さであんまり姿勢がいいとは思えないし、布団で寝転がりながらPC操作もよくあることなのだ…内臓疾患による可能性も聞いてみたけど、うっすら写ってる筋とかの状態からみても可能性は低いとのこと。あっ、もちろん骨盤の位置の異常とか、脊髄の異常はなかった。骨はきれいですと言われた(笑)。湿布貼ってりゃ治るよと言われ一安心。こうやって病院で大丈夫といわれると、とりあえず安心できるのがちゃんと病院に行くメリットかと納得した(笑)。基本的に病院嫌いだから、よほど日常生活に支障が出る以外行こうと思わないし…

結局、9時頃入った病院から11時半頃出てきた。でも、骨折して関東労災に行ったときよか速いね(笑)。「あら、もう来てたの?」「今日はリハビリだけだから…」なんていうジジババの井戸端会議(会話?)も関東労災ではなかったから、そういう意味ではこっち(安藤整形外科)は地元のかかりつけ病院なのねと思った。せっかくお医者さんと向き合ったのだから、その他のちょっと疑問に思ってることも色々質問しておけばよかった!と病院を出てから気づいた(涙)…もう来る用事ないのに。その辺が病院に慣れてないなー。

病院隣の薬局で湿布をもらって帰宅。心なしか腰も痛くなくなってきたような(笑)…これなら明日は出社も大丈夫そう。今週はそこそこ会議とかで忙しい予定だったから、さすがに3日休むと後が大変そうなんだよね(汗)…最悪でも午後からは出社せねば!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。