スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい出来事(涙)…

昨日は出張疲れで、しかもビール(発泡酒だけどね)がなくてワインをガブ飲みしてたら、わりあいあっけなく撃沈して、早々に寝てしまいました(笑)。まぁ、もちろん今朝はちゃんと弁当作って出社しましたが…

さて、今日は会社帰りに駅前スーパーの魚屋で、カレイを買って帰りました。煮付けに挑戦です♪

おっちゃんは、頭と内臓は取ろうか?と聞いてくれたのですが、自分の記憶ではカレイの煮付けには頭がついてたし、内臓くらい自分で取れるだろうと、そのままで持ち帰りました。早速、料理本片手に煮つけを作り始めたわけですが…

1)下処理:うろこを取って、内臓を取り除きましょう
えぇっ?!カレイってうろこあったの??かなり驚きでした(笑)。

2)下処理:霜降りしましょう。でも、熱湯を直接かけると身がはじけるので水を足して落し蓋をしてください
ちょっとくらいなら大丈夫だよね(落し蓋も水足しもしない)…はっ!と気がつくと、身がはじけてました(涙)。皮もべろんべろんにはがれてました(激涙)…

3)煮汁を煮立ててから、魚を入れて中火で落し蓋をして煮てください
最初に煮汁を煮立ててからという部分を読み落として、鍋に魚を入れてから、次々の煮汁の材料を投入してました(汗)…

しばらくしたら、なんだかカレイの煮付けっぽいものができました(笑)。
失敗作・カレイの煮付け

やはり最初に煮汁を煮立ててないから、煮汁のアルコールがきちんと飛んでないようです(涙)。しかも、かなり煮汁が薄口なので、もうちょっと最初に水分を飛ばして濃くしてから魚を入れたほうがいいのかも…

まぁ、そんな具合に、急遽作ったカレイの煮付けは、いかにも約束な失敗作だったのですが、新発見があったりして面白かったので、これからも魚料理はトライしていこう!と思いました(笑)。失敗したけど、確かに手順がわかると、カレイの煮付けは簡単そうだ…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。