スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双子神社と岡本親子

20080420140628


今日ぐるっと回り道したのには、それなりにわけがあった。実はR246の多摩川そばに岡本かの子のために岡本太郎がたてた記念碑があるらしいので、一度それを見てみたいと思ってたのだ。双子神社の境内(になるんだろうなぁ…)にあるソレは、やっぱり岡本太郎らしい、私にはよくわからないものだった(笑)。

神社はえらくひっそりしてたけど、建物自体はかなり堂々とした立派なものだった。街道沿いだからかどうかはわからないけど、参道がえらくりっぱで、なんと鳥居が街道沿いと社前と、なんと二つもありました(R246は大山街道といって、江戸時代は丹沢の大山までの参道として利用されてた模様)。ちょっとびっくり。多摩川から溝の口までは、ずっと古そうな商店街が続いてるんだけど、なんせ車道がめいっぱい幅を利かせ、歩道どころか路肩すら満足にない道なので、あまり歩きたくない道だった。ふっるーい建屋とか昔ながらのお店とか、けっこう面白いんだけどねぇ…実際、車も人もけっこう交通量が多く、よく事故が起きないなーと不思議に思う。

図書館では新十津川物語の残り5冊を一気に借りた。勢いのあるうちに全部読んで、GWは守り人シリーズだ!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。