スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰り温泉:道志の湯

入浴日;2007年10月12日(金)
場所:R413から1kmほど。でかい案内板があるから大丈夫
料金:¥500/2H
浴槽の数:内湯1(高め)露天1(ぬるめ)

源泉:浴用過熱。飲用可。においはあんまりしないけど、味はやっぱりなんか違う(笑)。浴室でのみ汲める。お茶や料理に使うとおいしいとけっこう汲んで帰る人が多いみたい。お一人様10Lまででお願いしますという貼り紙が…

感想:
 富士五湖方面から、道志道経由で帰宅する場合のちょい寄り温泉を開拓中。でも、基本的に高いんだよねー(>¥500)。そんな中、道志の湯は¥500と合格ライン。今まで高いんだろうなと思い込んでたんだけど、ちゃんとチェックしたらそうでもなかったので、今回キノコの帰りに行ってみた。

 浴用加熱してるから循環してると思うんだけど、塩素臭はなかった。また、常に浴槽からあふれる程度にはたっぷりした湯量。浴用加熱のところは、なんかほとんどあふれさせないとことか多いからね。これは個人的には高ポイント。平日昼間だというのにけっこう人がいた。村営だからか、地元民が多い。愛されてる温泉か(笑)?ちなみに村民と横浜市民はちょっち安くなる。ボディソープのみ常設。貴重品ロッカーは有料(¥100)。脱衣所は籐籠。洗い場はそこそこ数あり。

 内湯はかなり熱かった。露天はほどほど。おしゃべりして入るにはいい感じ。こじんまりしてて、あまり開放感はなかったけど、岩風呂としての雰囲気はなかなか。なんか打たせ湯用の蛇口っぽいのが頭上にあったけど、お湯は出てなかった。週末のみとかかなぁ??じもぴーだというおばあちゃんに、「今日は久しぶりに来たけど、ここのお湯は熱いから、30分以上入ってたことがないよ。あんた、よくそんなに長いこと入ってられるねー。あたしゃ1万円もらったってやだね(笑)」なんて言われた(笑)。やっ、私だってこの日は"がんばって"1時間20分くらいしか入ってませんよ?なんかあまり長湯できなかった。う~ん、なんでだろ??お湯が熱めだからか、あまり長湯してる人はおらず、みんな入ってはさっさと出て行ってた。

 休憩所な大広間は室久保川(道志の湯はこの川沿いにある)のせせらぎが展望できるように設置されており、しかもその景色のいいほうは禁煙。もちろん畳部屋で、ステージがあるところが田舎っぽい(笑)。喫煙場所もあったけど、休憩所が完全に分離されてるのはかなりうれしい。しかも、この日は利用しなかったけど、一応食事も出してくれるんだよねー。道志の湯定食(¥1100)は機会があれば食べてみたいなぁ…ちなみに持ち込みOK。てか、基本的に持ち込み前提みたい。お茶も有料(といってもパックが¥20)だったし…食堂のおっちゃんは暇そうに文庫本で読書中だった(笑)。お約束のビン牛乳も売っていた(¥130)。コーヒー牛乳もあったから飲んでもよかったんだけど、なんとなくタイミングを逸してしまった(涙)…それから、売店もあって道志村(&山梨)の名産が置いてある。

 温泉が汲めるってことは、事前調査で知ってはいたんだけど、入浴中におばちゃんたちの会話でお茶に使うとうまいという話を聞いたので、これは是非持ち帰らねばっ!と水筒を取りに戻っていいか尋ねたら快くOKしてくれたので、いそいそと汲んできた(笑)。温泉は浴室でしか汲めないそうだ。次回からはちゃんとタンク持参で入ろうと思う(笑)。平日利用ってこともあって空いてたし、とても好印象だった。次回からここを利用しまくりな予感(笑)…
関連記事

テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

道志の湯は、どんな感じ?

スラマッ パギ......なぜか、インドネシア語。先日、行きました道志の湯につい...

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。