スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の清龍

というわけ(?)で、土曜は定番の清龍利き酒ツアーでした。そろそろ暑いからフルサイクリングもなんだかなーと、蓮田へ行くまでのルートにもちょっと変化をつけてみることにしました。まぁ、相変わらず行きは自転車、帰りは輪行して電車なんですけど…それはそのうちHPのほうに載せたいと思います。

ここ最近発泡酒1本(350ml)でもぱたんきゅ~だったから、飲めるかなぁ??って、実はちょっと心配してたんだけど、杞憂だったみたいです(笑)。

6月の利き酒



まずは定番の7種類が…グラスについた水滴が、冷酒~!!って感じで、もうたまりません!今日の焼酎は黒でした。食前酒として出された季節のお酒は夏みかんのリキュールだったかな。

定番7種類
大吟醸:やっぱ飲みやすいし、うまい(涙)…
本醸造:う~ん、あんまり印象ないかも…
純米原酒:濃い
自信作:食事と合う感じ
金印:清龍の定番。まぁ日本酒かなぁと…
米焼酎:今日は黒。だから濃い
季節の酒:夏みかんのカクテル

さすがに1年も通ってると、だんだん味がわかるようになってきた気がします(笑)。ご馳走を目の前にして、舞い上がることもなくなってきたし…そう、ご馳走!やっぱり、ここの食事はうまい!!酒好きのほうがいいけど、下戸でも楽しめるのが、ここの利き酒ツアーのいいところだと思います(笑)。ちなみに料理長は下戸らしい…よくこんなとこに就職したなぁ(笑)。お刺身が魚からこんにゃくになってたのは、やっぱり夏だからでしょう。個人的にはこっち(こんにゃく)のほうが好みなので、嬉しかったです。

ここの料理のすごいところは、ほんと味のバランスが絶妙なとこ。甘い、塩辛い、酸っぱい、ぴりっと辛い、色んな味がちゃんと楽しめるのです。だから、味に飽きることがない。インスタントもないしねぇ♪

くぴっと飲んで、料理を楽しんでるところに、さぁ追加のお酒が登場~♪前回より、私はメモを取りながら呑んでます。だって、そうでもしないと、何を呑んだのかとか、どれくらい呑んだのか忘れるし(笑)…

というわけで、追加の酒を列挙。
1)伝:去年登場した限定酒。美味いのでいつもお土産用(笑)…
2)吟醸のぬる燗:外気が高いときは熱めが香りが出ていいそうです。あっ、ぬる燗てのは40度くらい
3)吟醸のゼリー:もちろん土産物の日本酒ゼリーなんて目じゃないくらい酒の味が(笑)…
4)ゼリー:チェリーとグレープフルーツの2色ゼリー
5)生元あつ燗:この冬初挑戦な生元。わりといい感じでいじってるときに試飲にあたってます♪
6)生元:この前飲んだときよりかなりまろやかにっ!
7)シャーベット:ライチ+リンゴ+金印+パイン。パインはわかんなかった…
8)金印原酒(19.5%):こんなものが飲めるのも蔵元ならではっ!!
9)焼酎水割り:軟水(Volvic)で割るとどうか?!
10)焼酎水割り:硬水(Evian)で割るとどうか?!
11)梅酒炭酸割り:梅のほうも料理の箸休めとして出されてたので、丸ごと味わえました(笑)

というわけで、全部で18杯も、あの杯を空けてたようです(汗)…今日は全部で5.5合くらいだそうです。気分よく、全部飲み干した(若干手伝ってもらったけど…)のは言うまでもないです(激汗)…あっ、ゼリーやシャーベットは当然リキュールのことですからねっ!

焼酎の水割りは、混ぜる水によってもどんだけ味が変わるかという実例です。マジで、めちゃくちゃ感じが変わっててびっくり!です。やっぱり軟水で割ったものには、スルっと飲める「飲み易さ」というものがありました。伏見(京都の酒処)は軟水なので万人受け、灘(兵庫の酒処)は硬水だから漢酒と言われてるそうですが、水が違うからなんだよ~と、とてもためにもなる今回のツアーでした(笑)。

料理の〆はお吸い物と御飯です。ちょっち硬めな御飯は大変私好みで、いつもいつもおいしくて、油断してるとお替りをしてしまいそうです(笑)。

で、最後にツアーの〆として、抹茶と麦焦がし~♪これがまた絶品!もうお腹は苦しいんだけど、麦焦がしだとすんなり入るし…できればもっとほしいくらいに(笑)。

そんな感じで、久しぶりの清龍利き酒ツアー終了。次回こそは、利き酒じゃなくて、特別ツアーに参加しようと思うのでした…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。