スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機でのチャリ輸送

確かにチェックインのときに免責承諾のサインをさせられたけど、評判通り国内線では丁寧に扱ってくれてたようだった。ちゃんと手荷物の受付のところで『自転車だから』となんかさらにプチプチかなんかでくるんでくれるのかよくわかんなかったけど、指示が飛んでいた。JALも預けた手荷物がどんな感じで扱われるかどっかで教えてくれるといいのになぁ…今度質問してみようかな?

伊丹でもベルトコンベアじゃなくてちゃんと手渡しでくれたし、輪行袋を見る限りこすれたりしたほこりとかも特に付いてなかった。もちろんその後組み立てたけど、特におかしなところはなかったね。まぁ、今日は飛行機ガラガラだったし、1時間も前にチェックインしてたから、これがキャンセル待ちが出るくらいの満席で、けっこうギリギリにチェックインした場合でも大丈夫なのかどうかはよくわかんないけど…

まぁ、そんなこんなで初回の飛行機輸送は無事終了だった。ただし、やっぱりルーベではまだ恐ろしくてできない(笑)…

午後からは此花大橋からUSJのほうへぐるっとサイクリング。舞州のゴミ焼却工場の楽しい建物にびっくり(笑)~。

舞州ゴミ焼却工場

関連記事

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。