スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦畑

小学生のときの国語の教科書に「麦踏」についての記述があって、それはそれは面白そうだったんだけど、子供の頃の記憶には近所に麦畑なんてなかったんだよねぇ。やっぱ西のほうではあんまり作ってないのかなぁ??

というわけで、毎朝通ってる円筒分水のそばにある畑の外側1列に青々とした草が生えてるんだけど、最初は麦だとさっぱりわかりませんでした(笑)。ひょっとして??と、注意深くじっくり見たら、麦が成ってました。おぉっ!なんかすごいっ(笑)!!小麦だ、小麦だ♪たった1列だけど、秋に黄金色になるのが楽しみ~♪どっかに見渡す限り一面の小麦畑ってないかなぁ…

明日の清龍はなんとか天気がもちそうな感じもするのだけど、どうしよう??と迷うのも面倒なので、電車で行くことにしました。かわりに都内で買い物と、去年行きそびれた蓮田の公園の散策をしてくる予定。

さて、一昨日サブPCが壊れた(涙)…Windowsの画面まで行くから最悪でもHDDの交換で済むはず。バックアップとってないから、いろいろめんどくさいんだよなぁ(涙)…このメインPCは壊れませんように!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

お初です。
今の時期に麦が青々としてるということはその麦は秋播きで、初夏には実りますな。
「麦の秋」は夏の季語です。
なお、麦の栽培自体は輸入物に押されて採算がとれないことから我々の子ども時代にはもうあまりおこなわれなくなったわけですが、コメの生産調整の関係とか国産物への需要の復活などもあったりして最近はまた少し増えてきていると思われます。
揚げ足とりですまん。

ほぇ~。そうだったのか…

いろいろ勉強になりました。なまりさん、コメントありがとー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。