スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供部屋

発見された梅酒のアルコール度数は多分40%オーバー。ホワイトリカーかブランデーだしね。それをダブルで5杯以上飲めば充分酔っ払いだよねぇ…まだ7時半なのに。

さて、全然関係ないけど、先日ネット(多分アサヒだったと思う…)のコラムで子供部屋のことが取り上げられていた。曰く、子供部屋とは寝るだけの場所に留めておき、あまり居心地を良くすべきでない。曰く、広い場所、こもるのに最適な場所なんてもってのほか、と…そして、宿題とか勉強は嫌でもリビングでしなさい(そんな環境にしておけ!)ということだった。

要は引きこもれるような環境を用意しなければ、子供は引きこもったり、変なことしたりしないと。う~ん、うまいこというなぁ…小学生のとき、2LDKくらいの団地に8人兄弟くらいで住んでた友達がいたけど、押入れまで寝床になってたらしい。でも、楽しそうだった。正直、ちょっとうらやましいなぁと思ったことさえっ(笑!さすがに高校生にもなってそれだとどうかと思うけど、少なくとも小学生の間はそんなものでいいのかなぁと思った。ちゃんと勉強も見てあげられるしね。ちなみに専門でもない限り、親が直接面倒をみれるのは中学生の最初くらいが限界のようだ(笑)。高校生になると、「そんなことやるんか…」と感心してたくらいだし(笑)。

子供部屋はあくまで親からの間借りだから、えらそうに権利を主張するなんてもってのほかだそうです(笑)。そんなに欲しけりゃ独立して確保しろと。親に部屋をよこせ!と言った身なのでえらそうに言えませんが、言われてみればその通り(笑)。

そんなわけで、私が遊びに行くところは、子供が引きこもってないで、楽しそうなリビングがいいなぁ(笑)…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。