スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気田川サイクリング:ダムカードさらにゲット!

というわけで、気田川キャンプ2日目。今日はサイクリングな予定です!

寒かった(涙)…
めっちゃ寒かった(激涙)…
あまりの寒さに2時間おきに目覚める感じ(笑)。明け方の放射冷却のひどいのなんのってっ!さすがにこんな寒いとは思ってなかったので、ちょっとなめてたかも。今晩大丈夫かなぁ(汗)…なんて思いながら5時起床。なお、寒いと思ってたのは私だけでなく、みんなもだいたい同じような感じだったので、まぁしょうがないね…
こみこみなキャンプ場
キャンプ場は端っこのほうまでいっぱい!

朝から焚き火をして満足し、コーヒー飲みながらまったりしてたら日帰り参加のノビさん到着。そして、豊川隊(川くだりな人たち)も到着。さて、そんじゃチャリ部はサイクリングに出かけましょうかねー。
かわせみチャリ部

サイクリングに出かけるのは、私・みなこちゃん、鴉さん・ノビさんの4人。さとPは川下りで家族サービス(笑)。目的は「佐久間ダムまで走って(40km位)、佐久間電力館でダムカード(しかも2枚!)ゲット!」。事前にルートラボでチェックしたら、意外にもあまり上りじゃないんだよね。だったら80kmでも問題なし!そんなノリで出発~♪
ルート的には、キャンプ場からまずは西に走り、天竜川沿いに左岸を走る単純往復タイプ。右岸のメイン国道より交通量も少ないかなーと。
サイクリング日和
天気は快晴、車もほとんどなしってことで、なかなかに快適なサイクリング♪ただし、ところどころかなり大きな落石があったりして油断禁物だったけどね。まったり走りながらも1時間ほどで秋葉ダム着。道中、サイクリストはちらほらいたかな。
秋葉ダム~♪
秋葉ダムにはダムカードがあるんだけど、配布は佐久間電力館(佐久間ダム横)なので、それ即ち電力館でダムカードが2枚ももらえるってこと!秋葉ダムは普通に車道になってて、一般車両が普通に往来。ダムの説明パネルとかも特になく、由来とか知りたかったら電力館へ行くしかないという感じでした…(追記へ続く)
更に北上し佐久間ダムへ。最後のダム手前だけは一応上り。トンネルが悪路ってこともあってめんどくさいけど、押して歩くほどでもない…真の敵はダムから電力館へ行く駐車場にあった(笑)!←超激坂
そして、駐輪場はその一番上…今から思うと、写真を撮っておけばよかった!なんだけど、当時はあまりに苦しくてそれどころではなかった(笑)。こんな辺鄙なところなのに、意外と観光客多し。チャリは我々以外は1台のみだったけど…ちなみに、ここにくるまで集落2つは通り過ぎたけど、コンビニはひとつもなし。自販機もほとんどなかったかなぁ…

電力館では地元特産品の青空市(?)があるっぽいのぼりだ駐車場にあったので、何か食べるものがあるかな!と期待してたんだけど、一番食べたかった五平餅は早々に売り切れていた(涙)…電力館では、佐久間ダムを造るのがどんだけ大変だったとか、どんな役割を果たしてるとか、まぁそんな説明があれこれと。激坂を上っただけあって、展望台から見渡すダムがきれい♪
佐久間ダム
ダムカードは電力館入り口にある受付で聞いたら、すぐくれた。どこから来たとか聞かれなかった。まぁ、奥野ダムとちがって、こちらは観光施設だからいちいちあれこれ聞いたりしないんかね。

五平餅はなくてがっかりだったけど、売り子のおばちゃんと話してるうちにもらったというお菓子と自販機のジュースで補給(笑)。あっ、これも写真を撮るのを忘れた…みなこちゃんがゆきちゃんへのお土産だとクッキーを買っていた。電力館を堪能してから、周囲も堪能。
ダムから見下ろす

愛知との県境。TNだから行かないよ!
ダムから先にも車道があって、長い長いトンネルのあと、どっかに出るらしい(笑)。でも、新豊根ダム(ダムカードがある)には出られなかったはず…今回、新豊根ダムまで行けないかなーと、実はちょっと思ってたんだけど、一旦下(佐久間市街地)まで下りて、もう少し進んで上って、余裕で100km超えだよねーってことでやめた(笑)。キャンプ中のサイクリングは余裕がなくては…

周辺を少しうろうろして、さぁ帰路は基本下り~♪なんて思ってたら、帰りのTNでパンクした(涙)…アスファルトの凹ですっごい段差があって、気づくのが一瞬遅れたら、すんごい音がして、何か落としたら、壊れたか?!とめっちゃびびったら、あーパンク…タイヤには傷はなかったのでリム打ちパンク。あぁ、チューブ持ってくるの忘れた!と、とぼとぼ先行するメンバーに合流すべく歩く(笑)。今回小田原当たりでチューブを忘れたことには気づいてたんだけど、よくよく考えたらタイヤレバーも入ってない(汗)…なぜかパッチセットがあること=パンクキットOKみたいな方式が脳内で成り立ってた。なんでやねん…さすがにおかしいと、途中でノビさんが引き返して、かつチューブも持ってたので交換してくれた。ありがとう!>ノビさん みなこちゃんは650、鴉さんはチューブラーなので、ノビさんがチューブを持ってなかったらキャンプ場にヘルプしないとダメなとこだった…
見事なリム打ちパンク…
取り出したチューブだけど、えぇえぇ、そりゃもう見事なリム打ちで、すっごい穴が開いてました(笑)。てか、それ以上にチューブがすんごい汚れてて、パンクしてなくてもたまには取り出さないとだめ?と思ったり…それにしても、出先でパンクしたのも久しぶり。前回は2011年7月の千葉でのブルベを終えた帰り道、ニコタマ手前で針金踏んだやつ。油断大敵…さすがに帰り道、段差にはちょっとビクビクしてたのはいうまでもない(笑)。

今回は単純往復なので、帰りも同じ道。途中、鴉さんがいなくなったので、夕食の仕込みのために先行して帰ったのかなーと残りで話してたら、後ろからいきなり現れてびっくり。なんか道を間違えて、おかしいと思いながら上ってたらしい。ミスコースに気づいてから、フルスピードで追いつこうとしたけどここまでかかったと言ってたので、おかしいと思いながらどんだけ上った(笑)?!最後のほうはなんだかんだと疲れてきたので、みなこちゃんとまったりサイクリングしながら、4時過ぎキャンプ場着。本日の走行距離:85km位

鴉さんは既に宴会準備中。みなこちゃんと二人、今のうちにお風呂に行こう!と、近所のすみれの湯か、ちょっと遠いけどまず空いてると思われるやすらぎの湯か、どっちにしようかと話してたら、久しぶりにあったテルモさんがすみれは男性洗い場で5人待ちだったとかいうから、遠くてもやすらぎに行こう!ということになる。遠いだけじゃなくて、確か高かったと記憶するんだけど、駄々混みのすみれのひどさも知ってるので、ここは多少高くても我慢することにした(笑)。
ぼったくりなやすらぎの湯
浜松市民は200円だけど、それ以外は820円。高っ!友人が、田舎の人間はすぐボったくろうする!と怒ってたことがあって、それは偏見では?と思ったりもしたんだけど、こういうのをみると納得できる自分がいる…税金運用かもしれないけど、市民税のみってことはないよなーとか、差別してもいいとこ倍料金だろーとか。ノビさんが、820円なんて、健康ランド並みじゃん!と言ってた。確かに…サービスはそこまでないけどね。ただ、空いてた。それはもう、貸切?ってくらいに(笑)。おかげでのんびりできたので、まぁよしとする。なお、すみれの湯だと料金は200円とのこと。

夜は当然のことながら宴会。色々お久しぶりな人がいて、会話もはずむ、はずむ。みなこちゃんからひざ掛け用フリースを借りたりで、車での防寒対策も一応整え、日付が変わるくらいには就寝。昨晩もだったけど、今晩も星空がきれい…
関連記事

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。