スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18切符ぶらり旅・山ヒルに悲鳴寸前(涙)…

眼鏡橋を下から見上げたところ


18切符が使える最後の週末、天気予報はこの上なく怪しかったけど、とりあえず出かけることにした。目指すは碓氷峠・めがね橋っ!じゃなくて、碓氷峠経由で軽井沢!!
■湘南新宿ラインで楽々コース
 というわけ(?)で、南武線で武蔵小杉まで出て、そこからパピューンと1本で高崎に入り、信越本線で横川へ。一番乗り換えの少ないパターンにしてみた。ちなみにうちから4Hくらい。土曜の朝でも6時台だとけっこう人が一杯でびっくり。なんでみんなそんなに早起きして行動してんの??高崎行きも15両もあるのに一杯一杯で、なんとか渋谷・新宿辺りで席確保(笑)。清龍行くときによく絡めてる上尾や北本って高崎線の駅だったのかー!

■アプトの道とめがね橋
 10時頃横川着。さすがにまだジャージャー降りではないけれど、小雨パラパラ、何より山の上はえらくガスってる(涙)!ザックカバーをして、カッパも上だけ着用。暑いし、小雨も問題ない程度になったからすぐ脱いだけど(笑)…上の碓氷峠の森公園まではトロッコ電車があって、遊歩道も線路に沿ってある。バイク・自転車は乗り入れ禁止。道沿いの名所(関所跡や変電所跡)をブラブラ見物しながら、まったりハイキング。駅でも思ったけど、18切符最終週末なので、こんないまいちな天気でも同じようなハイカーが多数いた(笑)。森公園には峠の湯という日帰り温泉があって、天気があんまりな場合は峠越えはせずに温泉に入ろうと思ってたのに、この夏に火災発生で現在営業停止の看板が(汗)…事前にネットでチェックしてたけど、さすがにそこまで気づかなかった。高崎まで戻る方向には色々あるんだけど、雨が降ってる前提だとそっちはあまり使いたくないんだよねー。とりあえず先に進む。いくつかトンネルを歩いたのちめがね橋到着!ガスってるけど、一応橋全体は見えるのでよしとする。下には降りられるので、上から下からせっせと写真を撮ってみた(笑)。本当はここから旧中山道のほうへ行きたかったんだけど、事前調査が甘くて気づかず熊の平まで歩いてしまった(涙)…

■「自分だけは大丈夫」この考え方が命取り(涙)…
 熊の平まで来るとけっこう雨が降って来たので、しょうがなくカッパの上だけ着た。高度も上がったせいか、とりあえずカッパを来ても暑くないのはありがたかったけど、ここまで来てルートを間違えたことに気づいた。あぁ、もう旧中山道ルートはムリ(涙)…旧碓氷峠から途中まではなんかルートがあるっぽいんだけど、熊の平まではなさそうなんだよね…(※後で調べたら、どうも廃道になったらしいが、冬枯れ時期ならなんとか歩ける模様) R18に出て、しょうがなく舗装路を歩く(涙)。栃の実がたくさん落ちていた。まだまだ自然がいっぱい。中山道は人が歩くようにはできてない道なので、なんとか歩く道はないかと思ってたら、GPSに小道表示有。よし、これだ!と目指すも、入り口に当たるところには何の表示もないどころか、普通にガードレールでふさがれてる…でも、なんとなく人が踏み固めた跡もあるので、レッツトライ!と進もうとしたのだけど、藪漕ぎがすごくて、またスパッツなしだから足元もドロドロになりそうなので50mほど進んで挫折(涙)…
 で、またR18に戻ったところでオレンジさんから恐ろしい言葉が…「あっ、痛っ!(山)ヒルがいる!!」一応知識としては知ってたので、慌ててズボンのすそをよく見ると、ぎょえー!!悪夢の始まりだった(涙)…
 少し先に路肩が広くなったところがあったので、そこでじっくりチェックしたら、ウヨウヨしてた(激涙)。1cmくらいのやつなら、まぁなんとか自力で削除できたけど、それ以上はムリ。吸われてるし!←悲鳴を上げたいのを我慢。小枝でがんばって取ろうとするも、そんな生ぬるいのではムリムリムリ(泣きたい…)!オレンジさんが取ってくれたけど、山ヒルに取り付かれたということはきっとズボンの中に入り込んでいるから、トイレとかで逆さにして降らないとダメらしい。山ヒルには薄荷油が効くとあったので持ってはいたけど、スプレータイプにしておかないと使えないことが判明(涙)。私のバカー!3cmくらいのを取ってもらった跡は血がタラタラしてて止まんない。ヒルにかまれると血が止まらないって本当なんだ!先ほどの藪漕ぎのせいか、ズボンの裏とかにも張り付いてて、オレンジさんにヒルのことを色々教えてもらいながら、オレンジさんにヒルを取ってもらっていた。うん、素手ではちょっとムリ(涙)…私は初めてだったけど、九州出身のオレンジさんいわく、向こうでは子供の頃からけっこういたらしい。ざっと目に入るところはOKそうだったので、薄荷油とラベンダー油を適当に塗り捲って、なんとなく大丈夫な感じになったので、改めて出発。さっきまでのまったりモードから、いつ知らない間に侵入されるかドキドキしながらの緊張タイムに(涙)…だって、山ヒルって人の体温や呼吸(二酸化炭素)を察知して、上からポトっと襲ってくるってネットで言ってたし!幸いなことに、カッパとザックカバーがともに黄色系で襲われてもすぐわかるし、帽子もかぶってるから上からの進入は防げるハズ!たまにももの裏辺りでチクチクしてる気がしないでもないが、きっと大丈夫(涙)!と色々無視して先に進むのだった…

■ハイキングは冬だけにしよう…
 碓氷峠はなんか石碑があるけど、記念撮影に向いたようなやつではなく…まぁ、こっちは車道を作ったときに作っただけで、古来より使われてたのは旧道のほうだからなー。軽井沢まであとちょっと。駅に着いたら、ちょっとヒルチェックをしよう、まだなんかいるっぽい…と言うので、あまり変な寄り道をせず、せっせと駅を目指す。午後3時過ぎ、軽井沢着。なんとなくヒルはもう大丈夫なような気がしたんだけど、ベンチで靴を脱いで、中敷を取ろうとしたら1匹出てきた(涙)…横川へ戻るバスの出発時刻までちょっと時間があったのでトイレへ。便座に血が…え?よくみたら、ズボンも血まみれ…えぇっ!?って、慌てて脚をブンブン振り回したら、コロンと丸々太ったヒルが転がり出て、そいつは慌てて端っこに逃げようと動いてた!さすがに個室の中で悲鳴をあげるわけにもいかず、涙目のままズボンを裏返してはたいたけど、さすがにもういなさそうだった。でも、ももが血だらけだった。ふくらはぎの3cmとは段違いな出血量。てか、止まんない…帰ったらポイズンリムーバーを買おうと思った瞬間(笑)。横川へのバスはほぼ満席。けっこう軽井沢のアウトレットにお買い物に来る人が多い模様。片道500円なら、都会に買い物に行くより便利でいいかも。バスは中山道のBPルートだった。時間は30分ほど。時間的にもOKなので、本場のおぎのやで釜飯を食べて帰ることにする。でも、バスから降りた途端、なんか脚をかまれてる気がっ!もう一度トイレでズボンをひっくり返す。出てこなかったけど、(ヒルが自分で離れるくらい)じっくりかまれたところは2ヶ所あることが判明。こっちは全然止まってないので、オレンジさんにバンソコをもらってとりあえず止血。こんなにひどくなるとは思ってもみなかったので、帰ったら山ヒルの勉強をして、次回からの対策を練り上げねばっ!と心に誓った。温暖化のせいで、どんどん山ヒルが北上してるからねぇ…私が子供の頃は関西でもそんなにいた記憶ないからなー。まっ、なるべくハイキングは冬にしよう、冬に…
 釜飯は普通においしかった。昔はあまり好きじゃなかったんだけど…電車の時間まで間があったので、向かいの釜飯資料館を見学。チープな感じが楽しい(笑)。ホームに並ぶ頃には雨はジャージャー降りに。まぁ、もう電車に乗るだけなので問題なし。ヒル騒動を除けば、装備のおかげで濡れネズミになることもなかったし、楽しい旅行だったかと…帰りも同じ湘南新宿ラインで乗り換え2回コース。なんとなくお腹が空いたので最後吉野家に寄り道。これがいかんのだが…

■後日談
 帰宅後、さっそく山ヒルについてチェック。ちゃんと毒(?)を吸い出しておかないと、場合によってはしばらくはお風呂に入ったりで再出血もあるとか。昔なんかでもらった注射器タイプの薬品いれ(?)があったので、とりあえずそれでがんばって吸引してみた。ふくらはぎのほうはそれで傷口はふさがったっぽい。もものほうは1箇所は出血も止まったけど、もう1箇所はかなり長いこと吸引して、やっとなんとか出血量が小さくなったので、それ以上は諦めた(笑)。翌日バンソコにはそんなに血がついてなかったから大丈夫だったっぽい。緊急ポインズンリムーバーは役立った模様(笑)。でも、これって人との共有はムリだね。ネットで調べたら、安いのは千円弱くらいで、いいのは3千円くらいする模様。いいのが秀山荘にあったやつだな。さて、どっちを買おうか…
関連記事

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

山ヒル

遅ればせながら、今この投稿を読んだのですが、山ヒル、強烈ね。いつか山歩きを再開したいと楽しみにしているのですが、ちょっとその気が失せました(笑)。
山ヒルのいない山をチョノロ隊で歩きたいなぁ。10年後かな・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。