スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤枝めぐり(前篇):ビク石山ハイキング

ビク石山山頂にて


★4月9日追記
3月最後の週末は、みなこちゃんが藤枝の酒蔵見学に誘ってくれたので、朝早くからいそいそと藤枝に向かってGo!始発じゃないよ?酒蔵見学は午後からなので、午前中はハイキング。前々から一度行ってみたいなーと思ってた岡部にある道の駅・玉露の里。ここからさらに奥に行ったところに、デカイ石がゴロゴロしてるお手軽コースがあるんだとか…
ビク石山簡易マップ
他の何を忘れても、多分これだけは二人とも忘れない…それぞれのおやつを見せながら(笑)、ハイキング開始。ちなみに、私のおやつが絶品のベルギー製チョコ(偶然その前の日に会社で売ってた)で、みなこちゃんのおやつがジャンボどら焼きだった。あぁ、写真撮っておけばよかった(笑)…
最初は人里の間、その後茶畑を横切ると、岩がゴロゴロしてる斜面をまったり上ってく感じ。ちゃんと手入れされてるようで、ちょうど菜の花と水仙がたくさん咲いていた。なお、花泥棒もいるらしく、採らないで!と注意書きが(涙)…ところどころ見晴らしのいいところにはベンチもあって、ここでまったりするのもいいかなーと。現に大岩の上で文庫本とか持ち込んでまったりしてる人たちがいて、みなこちゃんがしきりに羨ましがってた。あぁいう、まったりしたハイキング(?)を楽しみたいらしい。かわせみでまったりハイキングといえば、今は亡き(笑)チョノロ隊。今度楽しみ方を教えてあげよう(笑)…
ハイキング中


それにしても、最近全然歩いてなかったのと、ここまでハイキングなコースだと思ってなくて、なめた格好してたというのもあって、そんな大した山でもなかったのに、頂上に着くまでに結構疲れた(涙)…なんせ最後に歩いたのが秋のキノコ?歩行部分の筋肉ももっと鍛えねばっ!そんなひ弱になったから?最後、メインのビク石を前にして右足ひねった(涙)…まぁ、無理しなければ問題ない範囲だったのは後日ブログに書いたけど、今年は山にも行こうと決意した次第。

ビク石を挟んで反対側にもコースがあるので、みなこちゃんは先日反対側まで往復したそうです。休憩とか、お弁当を広げるとかなしで、帰宅後おかーさんに話した第一声が「獲得標高xxxM!」だとか…年頃(?)の娘さんがそんなんでいいのか?まったりハイキングがしたかったんじゃないのか??ちょっと先が心配なみなこちゃんでした(笑)。でも、よくよく振り返れば、自転車も「サイクリングして、出先でごちそう食べたい!」と言ってるわりに、その活動はヒルクライムや富士チャレとか、ひたすら走る系ばかりでグルメな報告はなかったりするので、案外まったり系はダメなのかもしれません、本音の部分で(笑)…と、まぁアホな話はいいとして、今日は私もいるので頂上でまったりしました(笑)。道中はそんなにハイカーを見なかったけど、頂上にはそこそこ人がいてびっくり。まぁ、反対側からもアクセス可能だし、頂上までマイカーでも行けるので、今の時期はお花見も兼ねて人気なのかなー。ジャンボどら焼きを半分こして食べました。美味しかったです(笑)。

滝を1本見学してから玉露の里へ。もうちょっと日本茶について勉強できるのかと期待してたんだけど、茶畑に色んな種類の茶木が植えられてるだけで、なんの説明もなく、かなりがっかり。有料の茶室はあるんだけど、道の駅のくせに無料のお茶コーナーとかなさそうでした。そこもがっかり…これから酒飲むからいいけどねっ!と強がってみたりしながら、後半へ続く…

駐車場まで下りてきて、玉露の里に向かう途中で1本滝を見学。
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

そうか、玉露の里は中途半端な施設だったのか。地元に住んでいながら、数回しか行ったことがなく、どんな所だったのか、忘れて来てしまいました。
後編も楽しみにしています(*^_^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。