スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM204大磯200

 さて今日は今年初のブルベ・大磯200。今年のVC青葉のブルベは大部分が多摩川沿いスタートなため、大変都合がよい。しかも、なんか200・300をたくさん入れてくれてるのだ!面白いところでは、平日ブルベなんてのも…この大磯200は、去年友達が参加して楽勝だ!って言ってたんで、今年は自分も是非参加してみようと思ってた次第。果たしてどうなることやら…
■装備
 カーボンのほうが寒くなさそうという理由で、今日のチャリはルーべ。でも、わりと急に決めたので、ロングライド仕様にするのにすったもんだ。やはり自転車の装備は全部同調させておかないとダメね。都市型で坂もなさそうなので23C-リア25でいいやと、ホイールはデュラ。タイヤがいい加減(前Pro2後EVO)なのはご愛嬌(笑)…まぁ、転がれば何でもいいし。一番悩んだのがウェア。だって、冬用装備持ってないんだもん。悩んだ挙句、上:A400+冬用長袖+Wブレイクなベスト+Wブレーカー、下:Skinsロングビブ+薄手タイツという仕様。冬用長袖といっても、風通す薄手のやつなので、どちらかというと早春・晩秋用といったやつ。ビブはトイレに行きにくいから悩んだのだけど、背に腹はかえられないのだ。シューズには今回初めてシューズカバーを使ってみた。PIのフルカバーのライトタイプ。最初はつま先だけのにしようかと思ったのだけど、カタログみたら持ってるのは8℃設定だったんで、ならこっちだと。足だけは、昔カバーの存在知らなくて、冬の多摩サイを非常に寒い思いをして走ったことがあるため、サイクルシューズの通気性は身に染みているのだった(涙)。

■集合
 5:35現地着。集合場所は、道沿いでなくちょっと奥まったところなのね。まず受付で大渋滞。100名以上なのに窓口がひとつってのはいかがなものかと…ブリーフィングは、その受付に並んでる最中にいきなり始まった。まぁ、ルート修正とかの重要事項はなかったので特に問題はなかったが、重要事項がある場合並びながら聞かされるのって問題だよなーと思ったり。友人を探してみるが見つからず。やっぱこんだけ大勢だと知り合いが一人くらいだと見つかりません。周囲暗いし(笑)…まぁ、今日は一人で走ると言ってあるので見つからなくても問題はないんだけど。車検が終わるとそのままスタート。

■スタート~PC1
 とにかく寒い!手足ともに凍傷になるんじゃないかと思うほど。よく見たら、ボトルの水が凍ってた。泣きそう(涙)…平間でうっかり曲がり損ねるものの、前集団が気付いてくれたのですぐ復帰し、その後は特に問題なく横浜到着。がんばれば1時間で行けるのね、横浜…日の出がきれいで、やっぱカメラは持ってたほうがいいなーと後悔。特に今日は時間いっぱいなら問題なく行けるはずだし…捨位家の横は8時位に通過。ふむふむ。2HあればチャリOKと。8:20PC1着。

■PC1~PC2
 PC1ではオニギリ1個補給。相模湾に出る直前のルートがわりと小道を通り抜ける感じで好みでした(笑)。相模湾に出ると、ひたすら海岸沿いを走って大磯へ。概ね走りやすいコースだったけど、途中道路工事で全然路肩のないところだけはすり抜けが大変で苦労した。海と富士山がそれはそれはきれいで、やっぱりカメラは必須よねぇと激しく後悔。☆家もだけど、みほこママが海側といってたので、この辺かしらん?と思いながら辻堂通過(笑)。さすがは湘南で、サーフボードを乗せるホルダー付チャリの多いこと、多いこと。10:25PC2着。

■PC2~PC3
 PC2ではバームクーヘンとトイレ。今回ビブにしたから、やっぱりトイレにはちょっと時間がかかるんだよねぇ…着いたとき、ちょうど友人が出発するとこでした。すれ違い挨拶ができた(笑)!ここは折り返し地点なので、再度七里ガ浜を走る。行きより帰りのほうが道路工事の路肩が狭く、遅々として進まない。ちっ!そのまま葉山に南下。今日は御用邸に天皇陛下が滞在中とかで、あちこちに人が立ってた。それにしても、葉山の御用邸というのは奥まったとこにあるのではなく、正面の門がいきなり国道沿いなのね。葉山から三崎まではちょっとだけ山岳(?)コース。チェックポイント直前に上りが!スタッフの人がカメラを構えていたので、がんばってピース(笑)。そこそこの坂だったけど、まさかこれが本日一番の坂とは思いもしませんでした。この坂をあがったところで通過チェックポイント。水がなくなりかけたのでジュース1本購入。ここまで水は200mlくらい消費。さすが冬。次のPC3まではひとっ走りなので、ここでがぶ飲みして次トイレな計画。三崎手前で道を間違え、危うく城ヶ島へ行くところでした。で、ルートに復帰したところで後続の人に見つかり「城ヶ島まで行って来たの?」と危うくとんでもない誤解をされるとこだったり(汗)…13:30PC3着。

■PC3~ゴール
 PC3ではチーズタルトとトイレ。ここは男女合わせてトイレがひとつしかなく、けっこう待ち時間が大きかった気が…本当はPC以外のコンビニでトイレを借りたほうが並ばないし、ゆっくりできるのでいいんだろうけど、そんなに買い物する物もないしねぇ。そもそも、そんなに休憩も不要だし…今回はお店チェックをしてないこともあり、三崎周辺も素通り。今度お店チェックもしてからのんびり走りに来ようっと。さて、PC3を通ると、後はひたすらゴールを目指すのみ。小田和湾に戻るまでは国道で、それ以降は基本来た道の折り返しなんだけど、数箇所微妙に行きとルートが異なっており、うっかりするとその辺でルートミス多発。まぁ、すぐ気付いて復帰したけどね。やはりある程度はちゃんと予習して頭に入れておかないと(汗)…それにしても、相模湾沿いは横風がきつくて、何度もふらつて怖かった。ほんとチャリは風に弱いねぇ(涙)…そういえばGPSの電池はエネループでなくアルカリにしたんだけど、こっちのほうがもち悪いのね。知らなかった…途中お腹が空いたのでコンビニ休憩でオニギリ補給。そして、のんびり走ると、最後横浜とR1で渋滞にはまるのね。朝と違って、車は多いし、しかも飛ばしてるし、嫌がらせもされるしで、ちょっとうーんという感じ。平間まで帰ってくると、後はもうよくわかってるので一安心。18:45ゴール。最後にコンビニ近くのデニーズで報告後、そのまま晩御飯。まぁ、1オーダー必須らしいので、ちょうどいいかと。ただ、カウンター席があるからいいものの、そうではなかったら、なんとなくグループ席になってるようなテーブルにひとりで入るのはつらいなーと思ったり。聞いたらOKだと思うけど、そのグループと会話が弾むとも思えない…今年からバッジデザインが一新なので申し込み。

■まとめ
 そんなこんなで無事完走。いやー、朝の寒さがずっと続いたらどうしようかと焦ってたんだけど、結局朝が一番寒くて、後はそんなでもなかったのでよかった、よかった。下はコンプレッション1本で防寒までできたらベストなんだけど、そうでないならWブレイクタイプが必要かは微妙。でも、上はWブレイクな長袖はあったほうがいいので買わねば…
 今回は、『休憩時間は最短で、制限時間いっぱいを使ってひたすらのんびり無理しないで走る』というコンセプトで走ってみたんだけど、だいたい目標達成でよかったです。でも、休憩時間はトイレなしで10分、トレイありで15分と思ってた以上に時間がかかっており、ここをいかに短縮できるかは次回の課題かなぁ。同じコースでのブルベも色々と目標を変えて走ると面白そうなので、200/300はそんなやり方で何度も参加するのが楽しそう。400もそれでいけるかな??600以上は仮眠を取るのが基本らしいので、あまり自分には向かないと思われ、400までで遊ぶのがいいかなぁと。でも、まぁ、友人が言うように一度は参加してみるのもいいかなぁ…
関連記事

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。