スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちひろ美術館

うちにいても気が滅入るだけなので、心を安らかにするため美術館へレッツゴー!

というわけで、今日はぐるっとパスを使って、武蔵野にあるちひろ美術館へ行ってきた。もともと昨日行こうと思ってたんだけど、昨日は地震のせいで休館だったのだ…可能なら井の頭公園も見学してこようと思ってたけど、やっぱ昼過ぎに出発してたんでは2ヶ所は無理だった(笑)。まぁ、こんな時だから、あまり遅い時間にチャリでウロウロというのも(汗)…見学中にも揺れを感じたし。

先日の相田みつをそうだったけど、いわさきちひろも絵は知ってるけど人そのものは知りませんでした。丸木俊さんに師事したりしたんだねぇ。全然違う感じがしてちょっとびっくりでしたが、共産党で積極的に活動したり、知らなかっただけで戦争中のイラストもけっこうあったりして、そういうのがわかるとまぁ納得という感じも…美術館はこじんまりした感じで、これはもともとちひろのうち兼アトリエがあった場所らしいです。アトリエが再現されてたりして、なかなかよかったです。絵の具はホルベイン、パステルはゴンドラ。鉛筆は2B~4Bを愛用と…ふむふむ。スケブは月光社というところのでした。サイズはF4(だっけか??)を愛用してたとかで、生前の様子を伝える写真にはけっこうスケブを抱えたやつがあったり…座椅子を使って、座って描いてたようです。背面は一面が本棚で、池波正太郎もそうだったけど、やはり本棚は必須だよねぇと思ってみたり(笑)。もちろん、うちの本棚のように、本の上の隙間にまた本を詰めたり、なんてことはありませんでしたが…

ちらほらと人は入ってました。マガジンラック付で椅子もあり、画集も眺めることができました。ちょうど今はトットちゃん特集で、ちひろといえばトットちゃんだった私にはいろいろへぇ~なことが多くておもしろかったです。トットちゃんの挿絵って、別にアレ用に起こしたわけでなく、既存のものからコレは!というものを黒柳徹子が採用してたのね。

というわけで、ちひろ美術館はなかなかよいところでした。ちゃんと駐輪場もあったし。ちなみに、今日のルートはニコタマ・野川から仙川に入り、吉祥寺から適当な道を美術館までというルート。井の頭公園は今日もたくさんの人でした。帰りに下のスーパーによったら、見事なくらい食料がなくなってました…野菜の在庫がないのは補充されてないからかな??もちろんインスタントラーメンの棚はすっからかんでした。なんだかなぁ…カセットボンベは品切れで、次回の入荷未定との張り紙も…まぁ、明日から関東も電気が部分制限されるらしいのでしょうがないか。特にうちのマンションはオール電化だから…うちはトランギアがあるから大丈夫!いや、たまにはコールマンかオプティマスを使うべき?!なんていえるくらい大丈夫(笑)。

そういえば、今日はウグイスの声も聞きました。香りばかりで姿が見えなかった沈丁花も確認できたし、わりと初物がいっぱいの一日でした♪

明日からどうなるかなぁ…
関連記事

テーマ:ポタリング - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。