スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相田みつを美術館

昨日はとてもいい天気だったのに、行きたいとこもあったのに、いろいろあってうちでゴロゴロ。最近お気に入りのメルシャンの1.5Lペットボトル入りワインが半分以上空きました…やっ、これ、なかなかおいしいですよ?安いし、ペットボトルだから注ぎやすいし(笑)…

今日も油断してたらゴロゴロ三昧になりそうだったのだけど、実はぐるっとパスでどうしても行きたかった企画が今日までだったので、ようやっと重い腰を上げて出かけてきました。その企画とは…相田みつを美術館の「星野富弘・相田みつを 花の詩画と書の世界」というものでした。特にどこでというわけではないのだけど、わりとあちこちで星野富弘の花の絵って見かけるんだよねぇ。んで、うーん、こんな風に描けたらいいなぁとか思うわけ。相田みつを美術館にはまだ行ったことがないし、せっかくだからこの企画展を見に行こう!とパスを買ったときから今回の目標に入ってたんだけど、なんせ場所が国際フォーラムなんでチャリでは行きにくくてねぇ…国際フォーラムには駐輪場がないのだ!駅前にも駐輪場ないし…とりあえず今回は駐輪場を探しながら出かけたら、交通会館にあったのでそこに止めて見学しました。企画展の最終日だからか、日曜だからか、場所柄か、もともと人気の美術館なのか、よくわからないけどけっこう込み込みでした。あまり落ち着いて鑑賞という雰囲気ではなかったなぁ…

相田みつをという人は書道家だったのか…しかも、将来を有望視されてたらしいのに、そこから悩んで書道界で「芸術は爆発だー!」みたいなことをした人っぽい。やっぱ基礎をちゃんと押さえてから独自論に行く人は違うよねぇ…心が弱ってるときに励みになるような言葉が多かったです。今は別に弱ってないので大丈夫でしたが、弱ってるときに読むとやばいなぁという感じ(笑)…

んで、今回の目的である星野富弘でしたが…しっ、知らなかった!この人、頚椎損傷で手足が使えないので口で描いてたんですね…お見舞いのお花を描くことが最初だったとか。えー!あの、細かい絵って口で描いてんの?!超びっくりした。絵に添えられる詩というか、その文字もけっこう特徴ある感じでかなり好きなのだけど、あれも口で書いてたなんて…人間、がんばればいろいろできるんだなぁと思いました。群馬に美術館があるそうなので、そのうちサイクリングがてら行ってみよう。

満足しながら、アキバに寄り道。メモリはどんどん安くなるねぇ…と思いながら、とりあえず今日は外付けHDDケースだけ購入。明日からはまた会社かぁ…
関連記事

テーマ:ポタリング - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。